アルバイト

アメリカ国内では、テロ事件や不法移民の影響もあって外国人は簡単に就業することが認められていません。
そのため、アメリカ留学をするときにアルバイトをしながら勉強したいという人はあらかじめ就業が認められているビザを取得しておかなくてはならないことになっています。
学生ビザ(F-1)の場合、学期中なら週に20時間以内、休暇期間中ならフルタイムでキャンパス内のアルバイトをすることが認められています。
キャンパス外でアルバイトをしようとするためには特別な許可を別に取得する必要があり、日本の学生のように気軽に申し込みをして働くということはできなくなっています。
留学前には願書に経済状態を示す書類を添付することになっていますが、これはアルバイトをしなければ学費が支払われないという人をできるだけ入学させないためのしくみです。
基本的には留学生は学業を優先することとなっており、アルバイトにかまけて成績が落ちるようなことがあっては、アルバイトの許可そのものを取り消されてしまったり、悪いときには退学処分を受けることもあります。

留学のための取得ビザが交換訪問者(J-1)の場合には、アルバイトをするための許可はスポンサーとなっている団体からも許可を受けなくてはならいことになっています。
この場合もキャンパス外でアルバイトをするためには、事前に提出した経済状態証明書記載の条件が大きく変わってしまったようなよほどの事情がなければ認められることはまずありません。