アメリカ留学が人気の理由

kaigairyuugakusaki日本人の海外留学生は、2008年のOECDの統計では総人数で66,833人となっています。
このうち最も多くの留学先として選ばれたのはアメリカで、全体の約43%にもなる29,264人であり、ついで中国、英国と続いていきます。

留学者人数が最もピークとなったのは2005年の82,945人で、最近は若干人数は減少する傾向にあるものの、80年代後半から現在まではかなり急激に人数は伸びていることは確かです。

今後は日本企業もグローバル展開をしていくことが考えられることから、景気の回復とともに再び留学希望者は増えていくことが予想されています。

留学先にアメリカが選ばれる理由

留学先としてなぜアメリカが最も多く選ばれるかというと、それは世界全体のビジネスリーダーであるとともに、他国からも多くの留学生が集まる場所であるためです。
日本に暮らしていると、同一民族同一言語での生活がごく当たり前となってしまい、なかなか他の国に暮らす人の風習や文化に触れる機会がありません。
留学をするということの最大のメリットは、自分のそれまで生活してきた環境と全く違う世界を体験することにより、広い視野や理解力を身につけることができるという点です。
そのメリットを最も享受できる留学先がアメリカであるというわけです。

またアメリカは世界全体のビジネスを牽引するリーダー的存在であり、そこでは世界で最も早く新しい産業やコンテンツが制作されていきます。
さらにこれまで数多くの移民を受け入れてきたという歴史から、物事の考え方やシステムが非常にダイナミックであり、そこで生活をするだけでも時代の大きな波を感じることができます。
日本での就職を考えるとき、留学をするという回り道はともすると「時間のムダ」「レールから外れてしまう」といった消極的な意見が出てくることもありますが、実際に留学を経験した人へのアンケートでは、留学が役に立ったという声が94.7%にものぼっています(ベネッセ海外進学サポートセンターの調査より)。

留学を経験することで身につけられる知識や技術は、長い人生の中でみていくとかなり重要な役割となります。
アメリカ留学では、ハイレベルな教育内容とともに、語学力やコミュニケーション能力、多文化への理解力などたくさんのことを身につけることができるでしょう。

アメリカ留学が人気の理由とは

留学のメリット アメリカに留学することのメリットについて解説します。留学そのもののメリットと、行き先としてアメリカを選ぶことのメリットとを考えていきます。
アメリカの学校の特徴 アメリカの学校の特徴を紹介します。日本風の教育システムとかなり大きく違った方法がとられているので、事前にしっかりと知っておくようにしましょう。
留学人気都市 アメリカへの留学先として最も多く選ばれている人気の都市を紹介します。また、どの土地ではどのようなことが学びやすくなっているかということなども説明します。